ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

わんことキャンプデビューする前の準備

初めての、わんことキャンプ

わんことキャンプに行ってみたいなぁ、でも大丈夫かな?
うちのコたちは怖がりだけど大丈夫かな?
暑くないかな?寒くないかな?
怪我したらどうしよう
色々な不安や疑問があふれてきました(;・∀・)
とくに、我が家のわんこ達は10歳すぎてのキャンプデビューです。一番の不安でした。

(犬は7歳から老犬・シニアと言われて老化が始まります、犬は人間より早く年を取りるので負担にならないかと思っていました)

初めてのキャンプ、どんなもの準備したの?

はじめてのキャンプは5月でした、外で寝るって寒いのかな?想像がつかないので、キャンパーさんたちのブログを参考にしました。失敗談も書かれていて、ふむふむと…。私も気をつけなくてはと思い、色々と準備をしました。

 春〜初夏は寒暖差があることが分かりました、そして本当に夜は冷えました。
ウチは2kgと3kgの小型犬です、大型犬ほど体温が高くないのでトレーナーを着て、毛布にくるまって丁度だったと思います。私たちも夜は冷えて、小型のストーブ(イワタニ)を出して暖を取りました。

f:id:toypoo_camper:20200531113823j:plain

ヒヤッとして怖かったこと

テントの設営はペグを打つ時に、大きな音が鳴ります。実は、大きな音が苦手なコもいます。
初めてのキャンプで、わんこ達は設営する間、ペグを打つ音を怖がっていました…。震えたり、少し吠えたりしてました。やっと設営できたテントの中でも落ち着かないらしく、ソワソワしていました。
そして… その夜、テントから脱走してしまったのです。
テントを締め切っていたので、リードを外していたのもあるのですが、向かいのコテージで大騒ぎして酔っ払ってるオトナたちの声にびっくりして、テントの僅かな隙間から外へ脱走。。。
私たちは真っ暗闇の中、目を凝らさないと、わんこの姿がわかりません。何度も大声で名前を呼んで、探し回りましたが、実はそんなに遠くにはおらず、怖くて固まっていました。そっと抱きかかえてテントに戻りました。その間も馬鹿笑いと、奇声が響いていました…。そんな経験もないし、怖い思いをさせてしまったと思い、自然と涙がこぼれました。

3つの失敗と原因

  1.  わんこの首輪にライトをつけていなかったこと
  2. テント内でも安心せず、リードで固定していなかったこと
  3. わんこが寛げるスペースを作ってあげなかったこと

犬用のLEDライトは、片面しか光らないものが多く、このライトは両面に光るので、真っ暗なキャンプ場で分かりやすかったです。(電池が2ついります)

 ドッグポールがあるとリードが絡みつらく、たまに使っています。 

 ドッグコットはおすすめです。犬は自分のスペースがあると落ち着くので、食事中はここで寛いで待ってくれてます。

 わんこにとってよかったモノ、失敗したモノ

とにかく役立ったものは、カラビナでした。キャンプ中、カラビナは役立つ道具の一つですが、わんこにもとっても役立ちます。
リードの持ち手に、カラビナをつけましょう。テント・ズボンどこでも引っ掛けることができます。これはわんこにとって命綱に近いなって思います。

フードはシェラカップで食べています。
缶詰のフードを直火できるのは便利です。キャンプの朝は、肌寒いので、わんこも人間と一緒で、温かいごはんを食べてほしいです。

 丈夫なリードが欲しくて買ったリードが丈夫すぎて重かったこと(;・∀・)
普段、散歩で使ってるリードより防水で丈夫なものが良いと思って買ったリードがヤバかった (笑)「スチールワイヤーロープ」はとっても高評価なリードだったので、迷わず買いました。手元に届いて驚いたのは、ロープが太くて、小型犬には重すぎたのです良かれと思って失敗することばかりですが、私にとっていい経験だと思っています。

最後にこれは必ず持っていくと役立つモノ

夏は暑がりなわんこにとって保冷剤・扇風機は役立ちます。我が家はマキタの扇風機は重要なアイテムです。冬は電気毛布やUSBブランケットが役立ちました。夜の寒さはAC電源に頼るのが一番です。(いさぎよくAC電源を選択!!) そして年中大切なことは、わんこが寛げる場所を作ってあげましょう。ソファやドッグコットなど、わんこは狭い空間を好みます。自分のスペースが出来るだけで寛げます。

f:id:toypoo_camper:20200531113803j:plain

さいごに

大きな音が苦手で、何度も脱走して、家に帰ろうもしくは車に乗ろうとしたわんこたちですが…(^_^;)それはほんの数回のことでした。飼い主も不慣れで、不安な気持ちも伝わっていたんだと今では思います。現在では、すっかりアウトドアドッグです。ソトネの気持ちよさを知ってしまい、キャンプ生活を楽しんでいます。
今でも試行錯誤なことがありますが、きっと良いキャンプライフが待っていると思います。