ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

コンパクトグリル、3つの魅力

 

普段は、ユニフレームの「ファイアグリル」を使っていますが、手軽に使える「コンパクトグリル」が気になっています。

 

コンパクトグリルって便利そう

きっかけは「ゆるキャン△」の志摩リンちゃんが使ってるコンロでした。リンちゃんは、バイクに乗って、ソロでキャンプをしています。コンパクトグリルは、彼女みたいに、荷物を最低限にまとめたい人には必需品だと思います(^ ^)

漫画を読んでいて、コンパクトグリルの手軽さが羨ましくなりました。

f:id:toypoo_camper:20200607221945j:plain

気になった3つのコンパクトグリル

  • キャプテンスタッグ、カマド スマートグリル B6型
  • 笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君
  • 尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ

魅力的なところ3つ

1.大きさが卓上タイプで、折りたたむとノートほどの薄さになります。重さは500g〜1.8kgなので軽くて、持ち運びしやすいと思います。

2.コンパクトグリルの五徳に、スキレットを乗せて料理もできるし、網やプレートに食材を乗せて、コロコロと焼きながら、のんびりお酒を飲むのも楽しそうですね。

 3.最後に、焚き火が楽しめます、大きな焚き火台を準備しなくても、焚き火の時間を、気軽に過ごせるなんて魅力的です。ソロや2人などの少人数のキャンプなら十分だと思います。

 

3つの中から、コレに決めた理由はなに?

コンパクトグリルを実際に見に行って、触れてみたり、You Tubeや皆さんのブログを参考にして3ヶ月ぐらい悩んだ結果…。

 「笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君」を買いました。3つの中で、一番軽くて500gのコンパクトグリルが気になりました。

 もちろん決め手になった理由は、料理や焚き火をしている中、炭や薪を追加したい時のことを想像しました。

「笑’s・コンパクト焚き火グリル」は、蓋が開閉式だったので、簡単に炭や薪を追加できるます。またオプションで、色々と追加することで使い方の範囲が増えるのも魅力的でした。

結局、「ハードロストル」・「グリルプレート」・「ステンレスメッシュグリル」の4点セットにしました。

 キャプテンスタッグのカマドスマートグリルは、蓋がありませんでした。出し入れしやすくて、便利そうですが、風が吹いた瞬間に火が燃え移ったりしないかと不安になりました。(小さなお子さんやワンコがいるキャンプでは気になるかもしれません)

 尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロは、蓋が開けれません。そのため食材を焼いてる中、炭や薪を追加する時は、網を外さなければなりません。

f:id:toypoo_camper:20200607222001j:plain

 次回、キャンプまでにシーズニングをして、使い勝手などお伝えしたいと思います。