ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

1.17、阪神大震災を忘れない、防災意識を高める日

あの日を忘れない

1月17日、阪神大震災が起きて25年が経ちました。その当時高校生だった私は、学校へ行くために目が覚めたと同時に、突然の大きな突き上げの後、長い揺れが続きました。
自宅は、足の踏み場がなく、食器棚にあった食器はほとんどが四方八方に飛び、割れてしまった。子ども部屋の本棚は倒れ、下敷きの可能性もあった中、2段ベッドのフレームが私と妹を助けてくれました。

f:id:toypoo_camper:20200601220514j:plain

災害に備えたい

阪神大震災を体験したことは、無力だった私の意識を高めるきっかけになりました。
誰かの助けを待つのではなく、自分の身は自分で守れるようになりたい、家族や困ってる人を助けれるようになれたらと思いました。
その当時、ライフラインである電気・ガス・水が止まり、ガスは4月頃まで復旧できなかった。我が家は、ガスがメインで、ガスヒーター・炊飯器などが使えなくなりました。

わたしの防災対策

キャンプで使ってるものが、防災に役立ちます。

  • 家具の転倒や落下防止対策
  • 飲料水の確保
  • 保存できる食材(パウチやラーメンなど)
  • カセットコンロ・CB缶
  • 懐中電灯・ランタン(予備電池)
  • ウォータータンク
  • 電池で動くラジオ
  • 簡易トイレ
  • モバイルバッテリー
  • 暖房器具(カセットコンロ・灯油)
  • 使い捨てカイロ
  • ワンタッチテント 

 必要な時に、電話はつながらない

家から、近くに住む祖母の家を眺め確認しました。その景色は、炎の塊がいくつも見え、大きな煙があがっていました。
祖母に電話するも繋がりません、固定電話が繋がらないなんて、言葉が見つかりませんでした。
家にあった10円玉をかき集めて、近所のたばこ屋さんに30分ほど並んで、赤色の公衆電話を使って祖母に連絡し、生存を確認しました。

いまの時代、スマートフォンがあり、いつでも簡単に連絡が取れます。でも繋がらなかったら?

  • 小銭入れ、10円玉貯めてます
  • テレホンカード持ち歩こう

犬の防災対策

避難する前に、犬を受け入れてもらえるか確認が必要です。もしものことに備え、クレートの中で過ごす訓練をしました。毎日の食事は、クレートの中で食べさせてます。

犬は、狭いところの方が落ち着く習性があり、クレートに慣れさせると、避難した時に居場所を作ってあげれます。そして大切なのは、犬が苦手な方たちに迷惑をかけないこと、クレートは固い容れ物なので、物が落ちてきても安全です。
避難する際に、ご飯はいつでも持参できるように、ストックしておくと安心です。 

さいごに

1.17は、私にとって忘れられない日、そして防災意識を高める日。
もしも地震が起きたら、自宅・勤務先で避難する場所が分からないと初動が遅れるので、避難場所マップを確認、職場に予備のスニーカーを置いておくと、瓦礫やガラスの破片で怪我をすることを避けることができます。
災害用伝言ダイヤル171が、体験できる日に家族で試してみませんか?

  • 毎月1日,15日 00:00~24:00
  • 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
  • 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
  • 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

 

toypoo-camper.hatenablog.com