ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

おうち時間、ダッチオーブンでラムチョップ料理

f:id:toypoo_camper:20200511213525j:plain

以前ブログに書きましたが、ゴールディンウィーク時期のキャンプ場の予約は、大変です。2月ごろ、必死で予約したことが懐かしい思い出になりました。ゴールデンウィークの天気予報を眺めていると、嫌味なほど晴れ予報。気分を切り替えてダッチオーブンを取り出し、家で料理を楽しむことにしました。

ダッチオーブンでラムチョップの香草焼き

ダッチオーブンでラム料理に挑戦したくて、ニュージーランド産のフレンチラムラックを買いました。
フレンチラムラックは助骨を残したロース部分で、これを1本ずつ分けるとラムチョップになります。
ラム肉は、オーストリア産とニュージーランド産がほとどんです。ニュージーランド産のほうが柔らかく、クセがないそうでそちらを取り寄せました。こうやってブログを書くことで、わたしもラム肉のことを知ることができました!

材料

ラムラック800グラム、ローズマリー、タイム、ニンニク、オリーブオイル
じゃがいも、玉ねぎ(お好きな野菜で)、ラム肉用のスパイス または塩コショウ

f:id:toypoo_camper:20200510100025j:image

手順
  1. ラムラックを1本ずつ切り分けて、ラムチョップにします。
  2. ラムチョップに(塩コショウまたはラム肉用のスパイス)、ローズマリー・タイム・ニンニク・オリーブオイルをかける

f:id:toypoo_camper:20200510100044j:image

 3. 食材を保存袋にいれて、30分ほど寝かします。(味がシミシミになるポイントです!)

f:id:toypoo_camper:20200510100115j:image

 4. ダッチオーブンを温めて、オリーブオイルを入れて、ニンニクで香りをつけます。
 5. ラム肉の両面に焦げ目をつけます、強火の方がいいです。

f:id:toypoo_camper:20200510100135j:image

 6. ダッチオーブンにロストルを入れて、ラム肉・じゃがいも・玉ねぎ、ハーブをいれます。

ロストルを入れることで、底面の食材が焦げにくくなります。

f:id:toypoo_camper:20200510105259j:image

 7. 中火から弱火で約20分温めます。蓋を開けたら、ハーブとラム肉の香りが広がりました。ダッチオーブンに入れることで、野菜に旨味が染み込み、ラム肉が柔らかく出来上がりました。

f:id:toypoo_camper:20200510105315j:image

おまけ、テイクアウトして食べる、おうち時間もいいね

緊急事態宣言が発令されてから飲食店の営業時間が短くなり、近所のお店もテイクアウトのサービスをはじめました。3食自炊は続くと疲れてくるので、さっそく焼き鳥屋さんが作る、前菜セットと鶏肉の炭火焼きをテイクアウトしてみました。ラザニアやキッシュを食べたのは何ヶ月ぶりなんでしょう♪ こういうの食べたかった〜と涙がでそうなぐらい美味しかったです。
バルコニーでソトごはん気分を味わいましたよ。

f:id:toypoo_camper:20200510105237j:image

さいごに

ラムチョップは香りとお肉の甘さ、そしてハーブは食欲をそそる香りで美味しくいただきました。キャンプ飯は、自然・炭火、薪の香りなどで美味しさが増します。Stay Homeの期間は、おうちで楽しくキャンプ飯を作りたいと思います。