ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

目の前に瀬戸内海が広がる、太鼓の鼻オートキャンプ場を紹介

波の音が聴きながら「太鼓の鼻オートキャンプ場」

高松市庵治町にある太鼓の鼻オートキャンプ場は、目の前に瀬戸内海が広がります。
この海岸は、2004年に公開された映画「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地になったそうで、当時の”セカチュー”は、ブームを巻き起こすほどの人気があったと思います。

そんな10サイトのみのキャンプ場は、プライベートビーチのように海釣りや散歩が楽しめます。

透き通る海、優しい波の音が聞こえます。

太鼓の鼻オートキャンプ場:使用料金・営業期間

  • 住所:香川県高松市庵治町3220番地1
  • 営業期間は通年営業、定休日は火曜日(7/20-8/31除く)
    ※12月〜翌年2月末までの間に予約申込がなければ休業
  • チェックイン14時/チェックアウト10時
  • 入場料:大人310円・小中学生200円
  • 駐車料:1台目無料、2台目500円
  • オートサイト3,130円とかなりお得だと思います。
    2泊以上は連泊割引があり、2泊以降は2割引
  • デイキャンプ 2,080円(午前9時〜午後4時まで)
  • AC電源は1日あたり1,030円

例:1泊大人2名 620円+オートサイト3,130円=3,750円

キャンプ場サイトマップ

左から1番〜10番まで、出典:太鼓の鼻オートキャンプ場の施設案内から

予約方法、注意したいこと

f:id:toypoo_camper:20201006211343j:plain

目の前に広がる、瀬戸内海

キャンプ場のサイト・施設紹介

キャンプ場は10サイト、いずれもAC電源・シンク付きのオートサイトです。(AC電源は別料金)サイトの大きさはワンポールテントがギリギリ張れる大きさでしたが、芝なのでは柔らかく、ペグが打ちやすかったです。

写真でサイト・施設を紹介

サイト写真1

海側、1・2の写真です 

サイト写真2

管理側のサイト 

サイト写真3

6番サイトが一番広くて、奥まってます。

炊事場

炊事棟は、各サイトにシンクがあるので使ってる人はいませんでした。

炊事場2

炭は右下のバケツに捨てます。

足洗い場

海で思いっきり遊んでも大丈夫!足洗い場がありますよ。石鹸が網にぶら下がってるの懐かしいですねぇ。

 ゴミステーション

 管理棟にゴミ箱が設置されていますが、チェックアウトの時間帯ゴミ箱は外に出してくれます。

 トイレ 

トイレ2

トイレは清潔感があります、トイレは3つ(洋式1・和式2)なので洋式が大人気です。

シャワー室

シャワー室は3つありますが、真ん中はコロナの影響で定員2名まで。
100円で5分間使えます、お湯が止まるまでお金を入れてはいけないシステムなのですが…。お金を入れる場所がシャワー室の外なので、不便ですね。

シャワー室は入る前に気づけばよかったのですが、固定タイプのシャワーノズルは使いづらかったです。そして壁の周りに髪の毛がへばり付いてました、流したくてもノズルが伸ばせないから我慢して入りました。きっと掃除しづらいと思います…トイレが清潔なだけに残念でした。

キャンプ場の良いところ
  • 目の前に海岸があるキャンプ場
  • 高規格キャンプ場は、初心者も安心
  • サイトの数が少なく、アットフォームで過ごしやすい

キャンプ場・道の駅・スーパー・お風呂・うどんの紹介

太鼓の鼻オートキャンプ場
https://www.shikoku-taikonohana.com/

道の駅: 源平の里 むれは、通り道にあります。
https://www.genpei-mure.com/

買い出し:マルナカ志度店、高速降りて通り道にあります。

お風呂:庵治ほっとぴあん
http://www.aji-hotpian.jp/

うどん:うどん本陣山田家
https://yamada-ya.com/