ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと巡る、主に関西・四国エリアのキャンプ旅&旅行。ギア、キャンプ場、キャンプ飯、日帰り旅行、たまにマイトピックスとして書くこともあります。

冬キャンで活躍、プライベートな空間を求めて陣幕を徹底比較

陣幕が欲しくなったきっかけ

色々なキャンプ場へ行きますが、サイトの環境は行ってみないと分からないものです。

以前、週末に行ったキャンプ場は、満員御礼。小さめのサイトは、隣同士の距離も近く落ち着きませんでした。
そんなサイトで焚き火を楽しもうと寛ぐも、目の前にある通り道は、夜遅くまで車の行き来がありました。せめて陣幕があれば、プライベートな空閑が作れたかもしれないと思いました。

陣幕のメリット

  • 風除けとして使え、熱を前に集中されることで、秋冬は暖かく過ごせる
  • フリーサイト・仕切りがないサイトで、プライベートな空間を作れる
  • 火の粉から近くにあるモノを守る。(車の駐車位置によっては心配に…。)

購入する前に悩んだこと

  • 陣幕の高さは、高いほうがいいの?
  • 火に燃えにくい素材ってどんな?
  • 陣幕はどんな色があるの?

検討した4つの陣幕を紹介

tent-Mark DESINGNS(テンマク)の陣幕ミニTCは、よくキャンプ場でも見かけます。
以前、冬のキャンプでタープと陣幕ミニTC、薪ストーブを使ってるキャンパーさんを見かけましたが、間違いなく暖かそうでカッコよかったです。

陣幕ミニTC
  • スペック:約 横幅300×高さ100センチ
  • 重量:約3.1キロ
  • 素材:ポリエステル65%、コットン35%
  • 色:ベージュ
LOGOS(ロゴス)TAKIBI de JINMAKU
  • スペック:約 幅90×奥行き90×高さ101センチ
  • 重量:約2キロ
  • 素材:ファイバーグラス(シリコンコーティングは、耐熱温度500度)
  • 色:茶色
BUNDOK(バンドック)焚き火リフレクター BD-523
  • スペック:約幅80×奥行き60×高さ70センチ
  • 重量:約700グラム
  • 素材:綿100%
  • 色:カーキ
QUICKCAMP 焔-homura
  • スペック:約幅240×高さ70センチ
  • 重量:6.2キロ
  • 素材:コットン100%
  • 色:サンド・カーキ

比較したポイント

軽さと手軽さでダントツNo.1は、BUNDOK(バンドック)焚き火リフレクター BD-523です。火の粉に強い100%コットン素材で、重量は700グラムとお値段も魅力的ですが、4つの候補で一番横幅が短かったのが気になりました。

タープと薪ストーブ、陣幕を使って快適な空間プライベート感を出すなら、tent-Mark DESINGNS(テンマク)の陣幕ミニTCです。高さ100センチは、絶妙な高さだと思います。LOGOS(ロゴス)TAKIBI de JINMAKUも高さは101センチですが、横幅が陣幕ミニTCより短くて好みが分かれる気がしました。

  • コスパ重視:BUNDOK(バンドック)焚き火リフレクター(BD-523)
  • 長さ・高さともにナンバー1:tent-Mark DESINGNS(テンマク)陣幕ミニTC
  • こだわりの素材:LOGOS(ロゴス)TAKIBI de JINMAKU
  • オシャレ:QUICKCAMP 焔-homura

さいごに決めたポイント

普段使用してるテントは「タケノコテント」・「カマボコテント」のタンカラーなので、陣幕の色は茶系に統一できるのはポイント!
ヘリノックスのタクティカルチェアを使っていますが、座面の高さは34センチのロースタイルなので、陣幕の高さは70センチで十分でした。
いろいろと悩んだ結果、QUICKCAMP 焔-homuraに決定。

QUICK CAMP 焔-homuraのズルいところと、気になったこと

QUICK CAMP焔は、アイアンフレーム2本が付属されており、キャンプグッズや、ランタンを吊すことができます。

検討した4つの中でダントツに重い6.2キロ。(ポール2本が付属、幕の生地がしっかりとしたコットンなので重さに理由はあります)

使用した感想は、初めてでも簡単に設営できるような作りになっていました。ハンガーフレームは、ピッタリと収まるよう設計されていて使いやすかったです。

これからの寒くなる季節は、陣幕を使って暖かさを前面に集中させることができるので、寒さ対策にピッタリです。

f:id:toypoo_camper:20201013203632j:plain

火ばさみや斧が吊るせるなんて便利!もっと色々吊るせるものがあるといいなぁ。