ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと関西・四国エリアのキャンプ。ギア、キャンプ場、キャンプ飯の紹介。

【便利】RUSSEL HOBBSの電動コーヒーミルを買ったら、毎朝のコーヒーが楽しみに

f:id:toypoo_camper:20210718154312j:plain

コーヒーの飲み方は色々

皆さん、普段コーヒーはどんなふうに飲まれていますか?

私はネスレカフェ・ドルチェグストを使って、カプセルタイプのコーヒーを飲んでいましたが、ある日突然壊れてしまったのです…(泣)
新たにマシーンを買い直すか悩んだのですが…。
そもそも定期購入(サブスク)の管理が面倒だったり、マシーンの手入れがし辛かったので、これが止める良いキッカケだと思いました。

キャンプでは、コーヒー豆を挽いてペーパードリップ式でコーヒーを淹れています。

忙しい朝は、ペーパードリップ式でコーヒーを淹れる時間がもったいないと思っていた…。
というか思い込んでいたのです!

ペーパードリップ式でコーヒーを淹れると香りが引き立つこと!美味しいですね。

電動コーヒーミルを買うキッカケ

コーヒー豆の種類によって、味も違っていて楽しくなっていた頃。
初めてコーヒーをインターネットショッピングで購入してみたのです…。

慎重にポチっとしたつもりが、1キロのコーヒー豆を買ってしまったのです(驚愕)
我が家には1〜2杯用の手動コーヒーミルはありますが、さすがに厳しい気がしました…。

ずっしりとしたコーヒー豆を持ち、考えあぐねながらTwitterでつぶやいてみたのです。

f:id:toypoo_camper:20210714214638p:plain

「新たなギアを買う理由ができたね」って素敵なコメントが…!
この一言で、大量にコーヒー豆を買って失敗しちゃったなぁの気持ちが、一気に電動ミルを買う気になりました。皆さん、絡んでくれてありがとうございました(*^^*)


どんな電動コーヒーミルを選んだのか?

手動コーヒーミルは1〜2杯用なので豆の入れ口が小さく、豆が入れづらいのがデメリットです。
そこで電動コーヒーミルは、豆の出し入れがしやすいものを選ぶことにしました。
操作は簡単で、細かく設定があっても使わない気がしました。(上手く使いこなせない)さいごに手入れも単純なほうが、普段使いに丁度良さそうです。

  1. 豆の出し入れがしやすい
  2. 操作は簡単
  3. 掃除も簡単
  4. オシャレな電動コーヒーミルがいい

早速、Amazonで検索すると1,000円台から電動ミルが見つかりました。
コーヒーメーカーの代表である、メリタ・カリタが電動ミルの購入候補となりましたが

最終的に選んだのは「Russel Hobbs(ラッセルホブス )コーヒーグラインダー 7660JP」です。

メリタ・カリタに比べると重量は1.17キログラムと、コンパクトさには欠けますが150Wとパワーがあります。
最大容量60グラム(7〜8杯分)のコーヒー豆を約10秒ほどで挽くことができます。私は細挽きが好みなので、約20秒ぐらいかかってます。

第1条件だった、コーヒー豆を入れるグライディングボウルが大きくて豆が入れやすいことが評価できます。

f:id:toypoo_camper:20210718154419j:plain

これならコーヒー豆が溢れることもなく、出し入れが可能です。

操作は簡単で、手間にある黒いボタンを押して、好みの豆に挽くだけ。
手入れは、ブラシでグライディングボウルに付いた豆をささっと落とすだけ。

7〜8杯分まとめてコーヒーを挽けるので、数日分のコーヒー豆を保管でき助かっています。

何より見た目の美しさと、統一感のあるデザインが気に入りました。

f:id:toypoo_camper:20210718154422j:plain

illyのコーヒー缶と雰囲気が合ってるので並べて撮ってみました。

 

どんなコーヒー豆を買ったのか

クラシカルコーヒーロースターさんで、スペシャル ブラジルブレンドを購入しました。中南米産の上質なアラビカコーヒー豆のみ100%を使用されており、ストロングロースト(深煎り)。
一度は間違って買ってしまったと思ったコーヒー豆は、電動コーヒーミルによって解決して、現在は1キロのコーヒー豆をリピート買いしています。
お値段もリーズナブルで、オススメします。(Amazonは定期おトク便対応)

 

さいごに

コロナ禍でおうち時間が長くなり、ささやかなお楽しみを見つける日々。
電動コーヒーミルを買ってから、毎朝飲むコーヒーが楽しくなりました。やっぱり挽きたてのコーヒーは、香りが全然違います。 

愛犬へのメッセージありがとうございます。
お花が好きだった彼女に、一輪差しに花を生けるようになりました。いつかまた彼女に会えることを願っています。