ワンコと楽しむ、気ままなキャンプ旅

シニアワンコたちと関西・四国エリアのキャンプ。ギア、キャンプ場、キャンプ飯の紹介。

【便利】冬キャンプで頼りになる道具の紹介

f:id:toypoo_camper:20220110161801p:plain

冬キャンプは魅力がある

キャンプを始めたころ、冬キャンプは寒すぎて無理だと思っていました…。でも1度体験するとそうでもないものです。
もちろん行ってみたけど、寒くて楽しめなかった…。なんてないようにしっかり準備しましたよ!

冬のキャンプは、寒さ対策のために荷物が多くて準備が大変です…。
それでも行きたくなるのは、夏季シーズンに比べて圧倒的に虫が少なく過ごしやすかったり、寒い季節の焚き火は、より暖かさを実感して炎を眺める時間が楽しかったりと、伝えきれない色々な魅力が沢山あります。

そしてキャンプで入る温泉の暖かさ、給湯室からお湯が出たり、トイレの便座が温かさなど…。普段は気にならないのに、寒さゆえのありがたみを感じることが好きです。

冬キャンプで頼りになる道具の紹介

石油ストーブ

石油ストーブは、テントの室内温度を暖かくしてくれるので必ず持参します。使い方は、十分に注意する必要があるので、一酸化炭素チェッカーをお忘れなく。

冬はテントが凍っていたり、結露に悩まされます。テント内から石油ストーブで暖めると、乾燥撤収がしやすく役立っています。

www.toypoocamper.com

f:id:toypoo_camper:20220110152006j:plain

反射板をつけることでより、暖かさが増します。

ホットカーペット

AC電源付きのキャンプ場を利用する時は、ホットカーペットを持参します。山善の小さく折り畳めるシリーズは、想像してるよりかさばりません。
ホットカーペットの上に座ったら、じ~んと伝わる暖かさが心地よいこと。お尻に根っこが生えちゃうので注意が必要です…(笑)

f:id:toypoo_camper:20220110151546j:plain

ローベンスフェアバンクスグランデで、お籠りスタイル。

電気毛布
湯たんぽ

寒がりな私は、湯たんぽを必ず持参します。
寝る前に湯たんぽは、シュラフの中に入れて暖めるようにしています。低温やけどが心配なので、保温時間は短いですがゴム製の湯たんぽを利用しています。

 

キャンプ用折りたたみマット

コット上に、折りたたみマットを乗せています。厚さ20ミリのマットを敷くと、下からの冷気を感じなくなりました。マットを敷くことで背中や腰にも優しく、睡眠の質が上がりました(キャンプでもやっぱり睡眠は大切ですよね。)
マットの片面は、アルミ加工され高断熱効果が期待でき、冬はアルミ側を上にして寝ています。

CB缶(カセットガスボンベ缶)

朝起きて、お湯を沸かそうと思ったらガスコンロの火がつかない経験をしました。寒い季節は、SOTOのパワーガスが心強く持参します。

陣幕

冬の焚き火は暖かく過ごしやすいのですが、やっぱり寒いものです…。季節的に、突風などが吹くこともあります。
陣幕の前に焚き火を置くと、体感温度が変わってきます。また風防になるのも二重丸。

www.toypoocamper.com